12月. 18.

話題のジビエが学校給食に

北海道の置戸町という町で学校給食にシカ肉が提供されているんです

もちろん毎日という事ではないし月に1回くらいなのですがやっぱり北海道という土地柄なのでしょうね

地産地消という言葉が有りますが、そこで獲れたシカ肉だって使った方がいいですよね

別に肉といったら牛・豚・鶏だけではないんだし、しかも自然の恵みの一つですからね

学校給食で地元独自の物を作るというのもいいんじゃないでしょうか?

子供たちも特産品というものが分かるだろうし、地元の物を食べることによって愛着心も出てくるでしょう

そういう事を考えたら鹿だけでなく猪だって熊だって兎だって使ってもいいはずですよね

もちろん量を揃えるために乱獲なんてことはせずに、あくまでも普通の範囲内でするべきもの

魚でも良いし精進料理みたいにするのも有りですよね

私の時の学校給食なんて毎日パンしかなかったけれど、子供の時からジビエ料理!時代は変わるものですね

社会人になりたての頃はとにかく身だしなみというものが気になりますがそれほど良い物はやっぱり着れませんよね

でも頑張って社内での地位も上がり信用も得てくるとやっぱり身だしなみというものは大切になってきます

その中でスーツもそうなんですが、かっこよく決める時はやっぱり靴

この靴のお薦めはやっぱりオールデンです!靴を見ればその人のセンスが分かるというものですね

ここはネット販売だけど、なんと安心なことに「無料サイズ交換保証」というものが有るんです

せっかく買ったのに自分の足のサイズに合わなかったら交換してくれるんですね

高い買い物だけに満足のいく一足がきっと得られますよ

By jimmy | Posted in その他 | Both comments and trackbacks are currently closed.